ホーチミンで濃霧、26日まで紫外線は対策必要な強いレベルに

2020年12月25日 10時33分 公開
ホーチミンで濃霧、26日まで紫外線は対策必要な強いレベルに

<写真:©︎nld.com.vn>

 

クリスマスイブである12月24日、ホーチミン市では朝から濃霧が発生し、正午までに紫外線の強さも対策が必要とされる強いレベルに達した。

 

<午前7時にホーチミンのビンディエン(Bình Điền)橋で多くの車両がライトをつけながら走行する様子>

 

24日朝、市内では、濃霧が発生したため、朝であるにも関わらず、ライトを付けながら走行するバイクや車が多く見受けられたという。

ベトナム国立水門気象予報センターによると、12月23日夕方に降った雨の影響で、気温が低下したことで空気が含みきれなくなった水蒸気が水滴となって濃霧が発生したという。

 

ホーチミンでは23日の雨で気温が低下し、涼しい気温を保ったまま25日のクリスマスを迎えるとされている一方、紫外線レベルは対策が必要な強いレベルまで上昇しているという。

12月24日~26日までの、紫外線指数(UVインデックス)はピーク時で7〜8に達し、「強い」レベルまたは「非常に強い」レベルになるという。

 

世界保健機関(WHO)によると、紫外線が「強い」レベルの場合、日中はできるだけ日陰を利用し、できるだけ長袖シャツや日焼け止め、帽子の利用が推奨されている。

また、紫外線が「非常に強い」レベルの場合には、日中の外出はできるだけ控え、外出時には必ず長袖シャツや日焼け止め、帽子の利用が必要だという。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板