韓国人男性が機内で死亡、ベトナム航空ソウル〜ハノイ便

韓国人男性が機内で死亡、ベトナム航空ソウル〜ハノイ便

2月1日にソウル〜ハノイに向かっていたベトナム航空の機内で、乗客の56歳の韓国人男性が死亡した。2月2日にベトナム航空が発表した。

 

男性はソウル・仁川国際空港を現地時間午後6時5分に出発したVN415に搭乗しており、離陸から2時間後に体調不良が見られたという。

 

男性の症状は明かされていない。

 

機内では、搭乗していた医師が30分間心肺蘇生や心臓補助装置を施したが男性は死亡した。

 

現段階で死因は分かっていないという。

 

また、男性は仁川国際空港でのチェックインの際には健康状態に何も異常は見られなかったという。

 

着陸後、男性の遺体はノイバイ空港の管轄当局に引き渡された。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事



 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories