ベトジェット航空が日本線など運航再開、4月は13便 韓国・台湾も

2021年04月03日(土)09時58分 公開
ベトジェット航空が日本線など運航再開、4月は13便 韓国・台湾も

<写真:©︎ベトジェット航空公式Facebook>

 

ベトナム大手格安航空会社ベトジェット航空は4月1日からハノイ・ホーチミン発の一部国際線の運航を再開すると発表した。

運航が再開されるのは日本、台湾、韓国、タイ行きの路線。


同社のプレスリリースによると、ホーチミン発東京・成田行きは4月6日から運航が再開され、4月は7日、10日、11日、12日、13日、14日、19日、20日、23日、26日、29日、30日の計13便が運航される。

 

その他、ホーチミン発タイ・バンコク行きは毎週金曜日に運航される。

ハノイ発韓国・仁川行きは4月15日、ハノイ発台北行きは4月11日にそれぞれ1便運航されるという。

 

航空券は同社の公式HP(www.vietjetair.com)から購入が可能。

 

 

同社はプレスリリースで、国際線の一部運航再開の背景について、世界各国で新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、感染対策と経済発展の両立に向けたものだとしている。

ベトナム発便には労働や留学を目的に国外に渡航するベトナム人や本国に帰国する外国人が搭乗することを想定しているという。

ベトナム着便については商用便としては運航されず、外国専門家やベトナム人帰国者など、政府の入国許可を有している人のみが搭乗できるという。

 

これに先立ち、ベトナム航空も4月1日から6月30日まで、ベトナム発、日本・韓国・オーストラリア行きの4路線を運航する計画を明らかにしていた。

 

ベトナム政府は3つのフェーズに分けて、9月にもワクチンパスポートの仕組みを用いた隔離なしの入国を開始することを計画している。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板