ベトナム:「安全」とされる入国者の隔離期間を7日に短縮を検討

2021年05月21日(金)08時57分 公開
ベトナム:「安全」とされる入国者の隔離期間を7日に短縮を検討

<写真:VN Express>

 

ヴー・ドゥック・ダム副首相は、安全とみなされた入国者に対し、現在の21日間の強制隔離を7日間に短縮することを検討していると明かした。

 

ダム副首相は19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防指導委員会との会議で、この隔離期間短縮について提案した。

一方で、「安全」とみなされる定義は明らかになっておらず、保健省に対してカテゴリー分けをするよう要請した。

また、同省に対して入国者の検査や、優先されるフライトについて新しい計画を立てるよう要請したという。

 

現在ベトナムでは、14日間の隔離を終えた海外からの入国者から、新型コロナウイルスの感染が相次いで確認されたことから、強制隔離期間を21日間に延長している。

隔離期間の短縮について、ダム副首相は、7日間に短縮することは商取引にとって極めて重要で、隔離施設の負担を軽減し、入国者にとっても隔離にかかる費用の削減になるとしている。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板