ベトナム国内のネット速度低下、海底ケーブルの障害で

2021年06月10日(木)15時53分 公開
ベトナム国内のネット速度低下、海底ケーブルの障害で

<写真:VN Express>

 

ベトナムでは、2本の海底ケーブルが復旧作業中または障害が発生していることから、インターネット接続が遅くなる可能性がある。

 

インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)によると、海底ケーブル「アジア・パシフィック・ゲートウェイ(APG)」は6日から復旧作業が行われているとし、復旧の目処は立っていないという。

関係者によると、この復旧作業はAGPを経由したネットの接続に支障をきたす可能性があるものの、これによる影響は想定範囲内だという。

 

ベトナムと海外を結ぶ、光海底ケーブル「アジア・アフリカ・ユーロ1(AAE-1)」は、5月26日から障害が発生しており、1つのセグメントで光ファイバーが破損している可能性があることが原因とみられている。

ベトナム国内では、フェイスブック(Facebook)やグーグル(Google)にアクセスした際にインターネットの速度が遅くなると複数のインターネットサービスプロバイダ(ISP)に意見が寄せられている。

複数のISPによると、現在インターネットの接続は別のケーブルを経由しているため、通常の速度を保つことができているという。

 

APG(アジア・パシフィック・ゲートウェイ)は中国大陸、香港、日本、韓国、マレーシア、台湾、タイ、ベトナム、シンガポールを結ぶ海底ケーブルシステムで、全長は1万400キロメートルだ。

「アジア・アフリカ・ユーロ1(AAE-1)」については、エジプトを経由して東南アジアとヨーロッパを結んでおり、2万5000キロメートルの長さがある。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板