ラムドン省:ホーチミンから入域する人の隔離措置緩和

2021年06月10日(木)16時16分 公開
ラムドン省:ホーチミンから入域する人の隔離措置緩和

<写真:tuoi tre>

 

新型コロナウイルス感染症流行防止と経済発展の両立を実現するため、6月8日午後、ラムドン省人民委員会は首相指示第15号/CT-TTgに従い、ゴーバップ区と12区Thanh Loc街区を除く、ホーチミン市内から同省へ入域する人に対する隔離措置を緩和することを決定した。
 

6月8日14時から実施されている具体的な措置の内容は以下の通り。

  • 首相指示第15号/CT-TTg に従い、社会隔離を講じている地域からラムドン省に入域した人は自宅での隔離措置を講じる。
  • 首相指示第16号/CT-TTg に従い、より厳格な社会隔離を実施している地域や感染者が確認された場所からラムドン省に入域した人に対して集中隔離を講じる。
     

旅客輸送が再開されるが、首相指示第16号/CT-TTg に従い、社会隔離を実施している地域や感染者が確認された地域からラムドン省に入域した乗客に対しては集中隔離を講じる。

貨物車両や旅客輸送を行う運転手に対して集中隔離は講じられないが、感染防止対策を厳格に遵守する必要があり、陰性証明書を提出する必要がある。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板