アストラゼネカ製ワクチン800万回分、8月上旬にもベトナム到着か

2021年07月01日(木)15時56分 公開
アストラゼネカ製ワクチン800万回分、8月上旬にもベトナム到着か

<写真:VN Express>

 

アストラゼネカ・ベトナムによると、同社はアストラゼネカ製新型コロナウイルスワクチン800万回分を早ければ8月上旬にもベトナムに供給できるようにすると発言した。

 

アストラゼネカ・ベトナムのNitin Kapoor会長兼ゼネラルマネージャーは、チン首相との会議で、世界的にワクチンが不足している状況の中でも、ベトナムにワクチン800万回分を7月または8月上旬に届けられるように本社を説得するとした。

また、Nitin Kapoor氏はベトナムへ提供するワクチンの価格を下げることについても、本社に検討するよう働きかけると続けた。

 

Nitin Kapoor氏によると、アストラゼネカ社はベトナム国内におけるワクチン生産や、癌や心血管疾患などの治療薬の生産などでも協力する可能性があるとしている。

チン首相は会議で、アストラゼネカ社に対して8月上旬までに少なくともワクチン1000万回分の提供を要請した。

 

これまでにベトナムはコバックスや政府購入、日本を含む海外支援などから、アストラゼネカ製ワクチン450万回分を受け取っている。

3月から開始されたワクチン接種キャンペーンでは、350万人が接種を受け、18万2000人以上が2回目の接種を終えている。

 

今年、ベトナムは人口70%に当たるワクチン1億5000万回分の確保を目指している。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板