ホーチミン:工場での勤務を厳格化、寝泊りまたは寮の移動のみ許可

2021年07月14日(水)10時08分 公開
ホーチミン:工場での勤務を厳格化、寝泊りまたは寮の移動のみ許可

<写真:tuoi tre>

 

ホーチミン市は、人民委員会通達第2337/UBND-THを発行し、15日午前0時から、輸出加工区や工業団地、ハイテクゾーンにおける工場での勤務に関して、新たな措置を講じることを通達した。

 

通達によると、工場に勤務する人は、工場での寝泊り、または工場の労働者が住む寮やホテルなどから工場へ往復が認められている。

工場で寝泊りをする場合、労働者は一定の場所で勤務、食事、休息をとらなければならない。

 

労働者が寮やホテルなどから工場へ出勤する場合には、その工場と居住する場所の間のみで労働者の移送が許可される。

この条件を遵守できない場合には、15日0時から工場の稼働を一時停止する必要がある。

 

また、7日ごとに新型コロナウイルスの検査を行う必要があり、検査費用は企業負担となるという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板