新型コロナワクチン接種遅れ、ホーチミン市が接種計画立て直し要請

2021年08月10日(火)13時43分 公開
新型コロナワクチン接種遅れ、ホーチミン市が接種計画立て直し要請

<写真:Viet Nam News>

 

ホーチミン市保健局は関連機関に対して、新型コロナウイルスのワクチン接種を当初の接種予定日より遅らせざるを得なかった人にワクチン接種を行うため、接種計画を立て直すよう要請した。

この要請は健康上の理由や、安全を確保するため、ワクチン接種会場ではなく病院に来るよう指示され、ワクチン接種を遅らせている人々が、まだ新たな日程や指示を通知されていないことを受けてなされた。

 

保健局は、各地域の病院や医療センター、ワクチン接種会場の責任者に対し、ワクチン接種が遅延している理由を明確に説明するよう要請したという。

ワクチン接種を遅らせざるを得ない人は、薬を服用している人や急性疾患がある人だという。

 

各地域の医療スタッフには、対象となる人に健康診断を受診できる日を知らせるよう求められているという。

また、保健局はワクチン接種を遅らせるべき正当な理由がない限りは、接種を予定通り行うべきだとしている。

 

ワクチン接種会場では、接種を希望する人の健康状態を確認し、その場でワクチン接種を行うよう要請されている。

一方で、脈拍や血圧に異常が見られた場合には、医師がいれば接種会場でワクチン接種を行うことができるという。

 

9日、ワクチン接種が加速するホーチミン市ではワクチンが不足する事態に陥っているとされていたが、その後、アストラゼネカ製ワクチン60万回分を受け取ることが報じられていた。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板