カマラ・ハリス米副大統領、24日〜26日までベトナム訪問

2021年08月24日(火)11時05分 公開
カマラ・ハリス米副大統領、24日〜26日までベトナム訪問

<写真:VN Express>

 

24日、アメリカのカマラ・ハリス副大統領がベトナムに到着する。

この訪問は、ボー・ティ・アイン・スアン国家副主席の招待によるものだという。

ハリス副大統領は24日に到着し、26日まで滞在する予定。

 

これに先立ち、ハリス副大統領は22日から3日間、シンガポールを公式訪問していた。

シンガポールでは、リー・シェンロン(Lee Hsien Loong)首相と記者会見を行い、アメリカはシンガポール、東南アジア、インド太平洋への永続的な関与を約束すると明言し、アメリカのアジアへの関与を強調した。

 

近年、アメリカは海上安全保障でベトナムとの協力を強化している。

アメリカはベトナムが水域をパトロールし、海上保安の確保を強化するため、米国沿岸警備隊の活動から退役したハミルトン級カッター(巡視船)2隻と巡視船「メタル・シャーク」18隻を供与していた。  

 

また、新型コロナウイルス感染症の支援として、コバックスを通じてワクチン500万回分を供与している。

 

貿易の面では、2020年には新型コロナウイルスが流行していたにも関わらず、二国間貿易は19.8%増の908億ドルとなり、ベトナムの輸出額は771億ドルを占めた。

2021年も、アメリカはベトナム最大の輸出国となり、今年1月〜7月の輸出量は前年と比べて37.7%増加し、537億ドルに上っている。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板