ハノイ:封鎖エリアで新型コロナ強制検査、拒否すれば隔離施設送り

2021年08月26日(木)17時26分 公開
ハノイ:封鎖エリアで新型コロナ強制検査、拒否すれば隔離施設送り

<写真:VN Express>

 

ハノイ市は、封鎖措置が講じられているエリアに居住する住民に対し、新型コロナウイルス検査の実施を義務付けた。

この検査を拒否した場合、隔離施設へと移送されるという。

VNエクスプレスが報じた。
 

25日(水)にハノイ市人民委員会のChu Ngoc Anh委員長がこの決定を発表し、市内における新型コロナウイルスの感染源は、過去数週間で感染状況が制御下になっていると話した。

現在、ハノイ市では、タインスアン区が最も感染リスクが高い地区とされており、同地区の11坊のうち10坊で感染者が確認され、感染者数は42人だという。

 

タインスアン区内での感染拡大を防止するため、Anh委員長は地元当局に対して、封鎖措置が講じられているエリアを厳しく監視し、警告板の掲示を行い、住民が他人の家へ行くことを禁止するよう要請した。

また、封鎖が講じられているエリアに居住する人々は感染者との濃厚接触者としてみなされ、新型コロナウイルスの検査を受ける必要があるとし、拒否した場合には集中隔離施設へ移送すると述べた。

 

ハノイ市疾病管理センター(CDC)のKhong Minh Tuan副所長は、感染者がいる可能性があることから、同区のNga Tu Soナイトマーケットの販売業者全員を対象に検査を実施することを提案。

また、ハノイ保健局は、タインスアン区に対し、封鎖措置が講じられているエリアにおける検問所の監視を強化し、検査では1日3回検体を採取するよう要請した。

 

第4波が流行して以来、ハノイ市では3005人の感染が確認されている。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板