インドネシアのフィンテックスタートアップ、ベトナム進出へ

2021年08月31日(火)13時29分 公開
インドネシアのフィンテックスタートアップ、ベトナム進出へ

<写真:VN Express>

 

インドネシアのフィンテック・プラットフォームである「クレディボ(Kredivo)」が、ベトナムで「即購入、後払い」サービスを展開することを発表した。

このサービスは、クレジットカードのような厳しい信用調査がない分割後払いサービスだという。

 

クレディボによると、同社は消費者、金融サービス、小売、テクノロジーの各部門で多様なポートフォリオを持つ「フェニックスホールディングス(Phoenix Holdings)」と提携し、「Kredivo Vietnam JSC」を設立したという。

 

クレディボのCOOであるValery Crottaz氏は、「インドネシア国外で初の市場であるベトナムへの進出は、今年のビジネスで1つの重要な成果でありマイルストーンだ」と話した。

また、ベトナムはクレジットカードの普及率が低く、中流階級が急速に成長するとともに電子商取引市場も急成長していると続けた。

 

クレディボは、現金払いの比率が未だ高いベトナムで、消費者ローンの需要が高まることから「即購入、後払い」サービスを展開する。

同社は来年にもタイとフィリピンにも進出予定で、2022年第1四半期にもアメリカへの進出も視野に入れているという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板