ベトナム航空成田発ハノイ行きに脅迫電話、福岡空港に緊急着陸

2022年01月06日(木)10時04分 公開
ベトナム航空成田発ハノイ行きに脅迫電話、福岡空港に緊急着陸

<離陸後に脅迫電話を受け、福岡空港に着陸した際の衛星写真/©︎VN Express>


5日、成田発ハノイ行きのベトナム航空(VN)5311便が成田空港を離陸した後に、東京湾上空で撃墜するという脅迫電話を受けたことから福岡空港に緊急着陸した。

航空機には乗客47人、パイロット3人、客室乗務員12人が搭乗していた。

 

成田空港離陸から約40分後の午前11時10分頃、同航空会社の日本支社にアメリカ人と名乗る男性から日本語で電話が来たという。

男性は「VN5311便は戻った方がいい。さもなければ東京湾を通過した時に撃墜する」と脅迫したという。

この電話を受け取ったベトナム航空の職員が話の内容を聞き直すと、男性は「VN5311便が東京湾上空を通過する際に撃墜する準備ができている。引き返したほうがいい。」と続けたという。

 

この脅迫電話を受け、ベトナム航空日本支社はハノイの本社に連絡をし、その後日本の航空局やベトナム民間航空局(CAAV)、公安省の関連機関に報告したとしている。

また、ベトナム航空は緊急事態およびテロ対策タスクフォースの緊急会議を召集したという。

 

CAAVは、ファム・ビン・ミン副首相とグエン・バン・テ交通運輸大臣の許可を得て、ベトナム航空に対し、福岡空港に着陸するよう日本当局の許可を求めるように指示。

同航空機は無事に午後1時2分に福岡空港に着陸した。

福岡空港では空港警察らが機内に乗り込み、安全確認と乗務員に対する聞き取り調査を約2時間にわたって行ったという。

報道によると、搭乗客には機材の問題だと説明されていたという。

 

異常がなく安全に飛行できると判断した後、VN5311便は福岡を出発し、現地時間午後6時12分にハノイに着陸したという。

同便は、新型コロナウイルスの影響で停止していた商用便が再開してから初となるベトナムと日本を結ぶ定期便だった。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板