ホーチミンの少年、恋人訪ね自転車で約200キロ 自宅へ送還

2022年05月09日(月)11時33分 公開
ホーチミンの少年、恋人訪ね自転車で約200キロ 自宅へ送還

〈写真:Dan Tri〉

 

ベトナム通信によると、カントー市当局は、恋人を訪ねホーチミン市からメコンデルタの都市まで約200kmを自転車で移動したホーチミン市在住の13歳少年を保護し、少年の家族に引き渡したことが明らかになった。

 

カントー市フォンディエン(Phong Dien)郡チュオンロン(Truong Long)村の警察署長レ・クオック・ダット氏は、6日午後、ホーチミン市タンビン区で少年を家族に引き渡したことを明らかにした。

 

5日夜、チュオンロン村警察パトロール隊は、疲れ切った様子で自転車に乗っている学生服にリュックを背負った少年を発見した。

 

警察が少年を呼び止め職務質問を行ったところ、少年はインターネットを通じて恋愛関係に発展した同村在住の12歳少女の家までホーチミン市タンビン区から移動してきたことが分かった。

 

同チームは少年を警察署で保護し、家族に連絡することに成功した。

 

警察の事情聴取によると、3日に少年は携帯電話も持たず、家族に内緒で約200キロの旅を始めた。

 

少年が出発時に持っていたのは、50万ドン(約2850円)のみであった。

 

少年は、道中で何度も家電店に立ち寄り、店頭見本の携帯電話で位置情報を確認し、チュオンロン村にたどり着いたという。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板