昆虫食スタートアップが約39億円調達、ドンナイ省へ工場設立予定

2022年05月11日(水)15時42分 公開
昆虫食スタートアップが約39億円調達、ドンナイ省へ工場設立予定

〈写真:VnExpress〉

 

ベトナムに拠点を置くバイオテクノロジー企業の「Entobel」が、ベトナムの投資ファンド「Mekong Capital」と「Dragon Capital」から計3000万ドル(約39億円)の調達を行った。

 

同社は、動物飼料、ペットフード、肥料など様々な産業向けに、アメリカミズアブから昆虫由来の原料を製造しており、現在は、昆虫食、昆虫油、有機肥料の3つを主力商品としている。

 

投資を行った「Mekong Capital」担当者によると、「Entobel」の技術と製品は、世界の食品供給の流れが環境に与える負荷を削減し、フードバリューチェーンをより安全で持続可能なものにする。

 

2013年に2人のベルギー人起業家によって設立され、ベトナム南部ドンナイ省にある同社の世界最大の昆虫生産拠点は、年間1000トンの昆虫食の生産能力を持つ。

 

同社は2023年までに第2工場を設立する予定である。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板