民家に侵入して電気銃で犬を窃盗、容疑者2人を逮捕 ホーチミン市

2022年07月28日(木)13時50分 公開
民家に侵入して電気銃で犬を窃盗、容疑者2人を逮捕 ホーチミン市

〈写真:Tuoi Tre〉

 

ホーチミン市クチ郡で民家に侵入し、手製のテーザー銃(電気銃)を使用して犬を窃盗した若者2人が逮捕された。

 

ホーチミン市警察は27日夜、クチ郡およびホックモン郡警察と連携してチュン・ラム・フン容疑者(25)とグエン・ニャット・チュン容疑者(31)を逮捕したことを明らかにした。

 

逮捕前にはソーシャルネットワーク上に、容疑者2人がクチ郡ビンミー(Binh My)コミューンの民家に侵入し、テーザー銃で犬を撃つ様子を記録した動画が投稿されていた。

 

被害者のD.V.T.さん(28)によると、事件が発生したのは20日朝で、Tさん宅に侵入した容疑者2人は約20キログラムの愛犬を盗み出した。

 

Tさんは警察には通報せずに、ソーシャルネットワーク上に動画を投稿し、犯人に対して警告を発していた。

 

ソーシャルネットワークから情報を得た同市警察は迅速に捜査を開始し、容疑者2人を逮捕した。

 

両容疑者は今年の2月から逮捕されるまでの間に、1日に6〜10匹の犬を盗んでいたことを自供している。

 

20日朝、チュン容疑者がフン容疑者を誘い、テーザー銃や唐辛子スプレーを用意して窃盗に出かけた。

 

両容疑者はクチ郡で犬5匹を窃盗した後、Tさんの自宅前に佇んでいる犬を発見した。

 

犬が家の中に駆け込むのを見たフン容疑者は帰ろうと言ったが、チュン容疑者はTさんの自宅に侵入し犬を捕まえた。

 

その後、Tさんの犬は280万ドン(約1万6230円)で売り払われ、両容疑者は売上を折半していた。

 

同市警察によると、フン容疑者には強盗事件による2回の前科があり、チュン容疑者には薬物中毒の前科があるという。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板