「アメリカ人がリタイア後に移住する理想的な国」にベトナムが選出

2022年07月28日(木)15時41分 公開
「アメリカ人がリタイア後に移住する理想的な国」にベトナムが選出

〈写真:VnExpress〉

 

米国の旅行雑誌『Travel+Leisure』は経済的な生活費と多様な旅行体験を理由に、ベトナムを「アメリカ人がリタイア後に移住する最も理想的な8カ国」のうちの1つに選出した。

 

同誌によると、ベトナムにはビーチ、風景、食べ物、歴史、文化といった様々な見どころがあり、冒険好きな人にとって非常に手頃なリタイア後の移住先である。

 

また、都市と国の世界的なデータベースであるNumbeoのデータによると、全体的な生活費はアメリカより約49%低く、場所によっては家賃が約75%低い。

 

ベトナム国内で最大の駐在員コミュニティがあるホーチミン市では、生活費はニューヨークより62%安く、住宅費は約83%安い。

 

同誌が紹介するベトナムのもう1つの利点は、質の高い医療が非常に手頃な価格で受けられることで、ほとんどの外国人は国際健康保険を持っており、私立病院での治療を利用できる。

 

ベトナムではビザの取得が他の多くの国よりも難しいが、長期滞在やビジネスビザの申請は可能である。

 

ベトナムはアジアで最も厳しいビザ政策を採っており、わずか24の国と地域に対して最大30日の滞在でビザを免除している。

 

アメリカは免除対象国には入っていないが、e-visaの申請を行うことが可能である。

 

同誌が選出したリタイア後の移住先上位7カ国はメキシコ、エクアドル、コスタリカ、パナマ、コロンビア、ポルトガル、モンテネグロであった。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板