ベトナム航空、上場廃止阻止策の政府承認を要請

2022年09月16日(金)09時14分 公開
ベトナム航空、上場廃止阻止策の政府承認を要請

<写真:VN Express>

 

ベトナム航空はホーチミン証券取引所からの上場廃止を阻止しようとしているが、その再建には政府からの承認が必要となる。

 

同社の広報担当者によると、同社はホーチミン証券取引所からの上場廃止警告を受けて財務状況の改善を図っているが、依然として上場廃止のリスクは残る。

 

廃止になるかどうかは自社の努力と政府の再建計画への承認に懸かっており、政府によって子会社の売却や株式の増発を含む計画が承認されれば、同社は現金を得て上場廃止の危機を免れることができる。

 

子会社の1つであるパシフィック航空は7兆ドン(約423億8675万円)以上の損失を計上している。同社の買収に興味を持つ投資家が3社いるが、国有企業の売却に関するさまざまな法律に抵触しているという。

 

政府が86%の株式を保有するベトナム航空のティッカー(HVN)は過去2年間の損失を計上した後から取引が制限されている。

 

6月30日時点で同社の資本は4.9兆ドン(296億7072万円)のマイナスで、延滞債務は14兆8500億ドン(約899億2046万円)以上であった。

 

この損失はパンデミックの2年間に生じたものである。

 

HVNは今年、36%減の1万4750ドン(約89.31円)にまで落ち込んでいる。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板