ホーチミン市で17ヶ月の女児が死亡、暴行加えたベビーシッター逮捕

2022年11月16日(水)10時31分 公開
ホーチミン市で17ヶ月の女児が死亡、暴行加えたベビーシッター逮捕

<写真:VnExpress>

 

ホーチミン市で生後17ヶ月の女児に暴行を加え、死亡させたとしてベビーシッターの女性が逮捕された。

 

ホーチミン市7区の警察は15日、故意に他人に傷害を引き起こした容疑でグエン・ゴック・フォン容疑者(31)を逮捕した。

 

フォン容疑者は「昼間自宅で面倒を見ていた女児が頻繁に泣き叫んでいた。女児の父親が子守りの報酬を期限通りに支払わなかったため、腹を立ててほうきで顔や腕、脚を叩いた」と供述している。

 

同容疑者は10月31日〜11月5日にかけて頻繁に女児の頭を殴ったり、牛乳瓶で叩いていたことが明らかになっている。

 

11月6日、女児に体調不良の兆候が見られ、フォン容疑者は女児を7区の病院へと連れて行った。

 

その後、女児は昏睡状態で瞳孔が開いたままとなり第2児童病院へ搬送されたが、重度の頭部外傷で死亡が確認された。

 

女児の体から複数の打撲痕が見つかった。

 

警察によると、フォン容疑者の夫は同容疑者が女児に暴行を加えていたことを認識しており、やめさせようと説得していたという。

 

警察はフォン容疑者と一緒に夫も召喚したが、夫が共犯者かどうかは明らかになっていない。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板