ニャチャンの学校で900人以上の集団食中毒、児童1人死亡

2022年11月22日(火)10時40分 公開
ニャチャンの学校で900人以上の集団食中毒、児童1人死亡

<写真:VnExpress>

 

中部カインホア省ニャチャンにあるIschoolで、サルモネラ菌を原因とする900人以上規模の集団食中毒が発生し、同校の児童600人以上が入院、1人が死亡した。

 

同省保健局は17日に集団食中毒事件が発生し、20日に6歳の男子児童がホーチミン市の病院へ搬送される途中で息を引き取ったことを明らかにした。

 

ホーチミン市チョーライ病院の毒物対策専門家ドアン・ウイェン・ヴィー医師によると、サルモネラ菌は軽度から重度まで多くの食中毒事件の共通原因である。

 

発熱や頭痛、嘔吐、下痢といった症状からはじまり、敗血症や多臓器不全を引き起こして死に至らせる可能性も高い。

 

サルモネラ菌は卵や生野菜など多くの食品に必ず含まれており、今回の集団食中毒事件は給食として提供された卵や生野菜から作られたソースが原因であったと見られている。

 

同省保健局の発表によると、食中毒を起こした児童900人以上のうち648人が医療施設に一時的に入院した後、261名が経過観察のため帰宅、176名は健康状態が安定した後に退院した。

 

21日午後時点では211人が治療中であったという。

 

同校のファム・フー・ビン校長は20日に保護者らに対して同校の責任を認めており、保健省からは集団食中毒の原因究明までの間は調理場の閉鎖が指示されている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板