ベトナムで男性間の性行為による新規HIV感染者が増加

2022年11月25日(金)13時16分 公開
ベトナムで男性間の性行為による新規HIV感染者が増加

<写真:Tuoi Tre>

 

ベトナム保健省は23日、ハノイ市で開催された会議で男性間の性行為によるHIV感染率が上昇していることを報告した。

 

同省のベトナムHIV/AIDS管理局(VAAC)によると、2012年〜2022年9月末までの間に国内でHIVに感染した人は21万9146人で、そのうち7000人が今年最初の9ヶ月間に記録されている。

 

新たにHIV感染が確認された人のうち85%が男性で、感染者の約48.9%は16〜29歳、28.7%は30代の男性であった。

 

2012年以前は薬物注射の回し打ちによる感染が最も多かったが、2013年以降は無防備な性行為による感染の割合が65%となり、2022年には82.2%に達する見込みとなっている。

 

また、ベトナム国内の新規HIV感染の47%が男性間の性行為に起因するものであることが明らかになっている。

 

グエン・ティ・リエン・フオン保健副大臣によると、ベトナムのHIV対策予算のうち国際的支援が最大80%を占めていたが、近年は49%に低下している。

 

ベトナムは2030年までにHIVの流行を終わらせるという目標を掲げているが、目標達成に必要な資金が60〜70%しか準備できておらず、今後も資金不足が課題になることが予想される。

 

こうした状況を受け、保健省は寄付金確保の取り組みを進めていることも明らかにしている。

 

また、同会議に参加したVAACのファン・ティ・トゥ・フオン代表は、幅広い健康・性教育の重要性とともに、性的少数者に対するスティグマや差別を減らすことの重要性を強調した。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板