軍事学校で強姦発生の噂、大学側が情報を否定

2023年01月13日(金)09時28分 公開
軍事学校で強姦発生の噂、大学側が情報を否定

<写真:VnExpress>

 

ソーシャルメディア上にホーチミン市外国語情報技術大学(HUFLIT)で強姦事件が起きたという噂が流れ、大学側が情報を否定する記者会見を行った。

 

11日、Facebookに軍事学校の国防・安全保障訓練センターで泣き叫ぶHUFLITの学生を撮影した動画が投稿され、瞬く間に「軍事学校で女子学生が強姦に遭って自殺した」といった情報が拡散された。

 

HUFLITの代表者は同日、ソーシャルメディアで拡散されている情報は「深刻な事実無根」であり、当局へ虚偽情報を拡散した者の特定と法律に従った対処を要請したと述べ、翌日の記者会見では軍事学校の責任者であるグエン・ティエン・ソン氏も投稿された情報が虚偽のものであると断定している。

 

ソン氏によると、10日夜に140万ドン(約7715円)の紛失事件が発生し、ある女子学生Aさんが女子学生Hさんが犯人ではないかとして問い詰めた。Hさんは何も言わずに部屋から飛び出した後、冤罪を主張して泣き叫んだという。

 

悲鳴を聞いた管理者がHさんを落ち着かせ、家族に連絡してHさんを迎えに来させた。

 

反対側の建物にいた別の女子学生Tさんが一連の出来事を録画し、何が起きたのかを理解しないまま、撮影した動画を友人数名へ共有した。

 

その後、動画が多くの噂とともにネット上で拡散された。

 

Facebookでは強姦事件に関する噂が何万件もシェアされ、Googleの統計では「軍 HUFLIT」というキーワードが12時間以内に20万件以上も検索された。

 

ベトナムの全大学生は1年次に約1カ月間にわたる軍の授業に参加する。

 

ホーチミン市12区にある国防・安全保障訓練センターで毎年HUFLITの学生を対象に軍事教育クラスを開催している。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2023 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板