ベトナムの下半期GDP成長、鈍化見込み

2024年07月08日(月)07時00分 公開
ベトナムの下半期GDP成長、鈍化見込み

<写真:congly.vn>

 

シンガポールのUOB銀行によると、2024年下半期におけるベトナムの経済成長は、上半期の積極的な増加と比較して鈍化する可能性があるが、見通しは依然として良好である。

 

UOB銀行の市場および世界経済研究部門は「ベトナム経済成長報告書2024年第2四半期」という報告書を発表した。

 

同報告書によれば、2024年上半期にベトナム経済は好調な結果を示し、2023年の困難な年を経て2024年の残り期間に向けて明るい兆しを見せている。

 

具体的には、2024年第2四半期のベトナムの実質GDPは前年同期比6.93%増加し、第1四半期の5.87%およびそれ以前の四半期からの増加傾向を引き継いでいる。

 

2024年上半期全体では前年同期比6.42%の成長を達成し、2023年上半期の3.84%を大きく上回った。

 

第2四半期の業績が市場の期待を上回ったことで、2024年の見通しは依然として明るいが、UOBは、2024年下半期の経済成長は鈍化する可能性があると指摘している。

 

2023年下半期の高い基準値とロシアとウクライナの紛争および中東の紛争などが引き続きリスク要因となり、世界の貿易活動やエネルギー市場に影響を与える可能性がある。

 

しかし、UOBの研究者によれば、半導体業界の需要回復、中国と東南アジアの安定した成長、および主要中央銀行による金融政策の緩和の可能性は、2024年後半のベトナムの見通しを支える要因となる。

 

その結果、UOBは2024年のベトナムの成長予測を6%とし、政府の目標である6%〜6.5%に一致する予測を維持している。

 

特に、海外投資企業は中長期的にベトナムを重要な投資先と見なし続けており、グローバルなサプライチェーンの再編が進行する中、FDI実施額および登録額の増加が、今後の四半期における国内の活動、特に建設や雇用をさらに促進する見込みである。

 

このことは、現代の非グローバル化、リスク軽減、およびサプライチェーンの移行における外国企業の信頼とコミットメントを示している。

 

金融政策について、UOBは最近の米ドルに対するベトナムドンの下落とインフレ率の上昇が、ベトナム国家銀行に対して政策金利の変更に慎重になるように促す可能性があると指摘している。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板