Updated 2018年01月11日

ベトナムの小売業者、「汚い」食品の削減を目指し基準をさらに引き上げ

現在、国の国家基準は安全ではない汚れた食品が消費者に届くことを阻止できておらず、ベトナムのいくつかの小売業者は、農家は供給者になるために自らの食品安全要件を満たしていると主張している。

食品生産者と消費者の間の「仲介人」として、小売業者は、以前は、農家に清潔で安全な食べ物を求め、国家食品衛生基準やベトナムの適正農業規範(VietGAP)を満たしていれば、その商品を受け入れていた。

 

しかし、国家基準には安全でない食べ物が市場に届くことを許す抜け穴があり、ベトナムにおけるいくつかの食糧脅威につながっている。

 

そこで、一部の小売業者は戦略を変えた。つまり、積極的に高品質の食品を生産するためには、もはや食品生産者に頼ることはできなくなった。代わりに、彼らは供給者になりたい農家のために基準を上げた。

つまり、特定の小売環境で商品を販売したい食品生産者は、国内食品安全基準と、その小売業者自体が設定した他の特定の要件を満たしていなければならない。

南部Dong Nai省の農業協会副会長であるPham Duc Binh氏は、「これにより、企業と小売業者の評判と品質が保証され、最終的には競争力も強化されるだろう」と説明した。

 

Binh氏は、現行の食品安全管理は非常に効果がなく、これでは安全でない製品が市場に氾濫し続けると述べた。

 

「豚はVietGAP(ベトナムの適正農業規範)の下で飼育されるかもしれないが、屠殺と輸送の手順を経たその肉は、最終的に消費者に届くと、もはや安全ではない」と付け加えた。

消費者は毎日の食事で品質と安全性の重要性をますます認識しており、小売業者や企業は彼らが仕入れる生産者の野菜や肉からより多くを要求している。

 

コープマートやビッグシーのようなスーパーマーケットチェーンや、ビンマート+のようなコンビニエンスストア、イオンなどのショッピングモールを含む小売部門の大手企業も、現在の国家基準に関係なく、食糧供給者への基準を上げている。

tuoitrenews.vn

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する