Updated 2018年01月12日

ベトナム、急激な賃金上昇にも関わらず未だ低い平均賃金

アジアの労働者は、経済成長と地域経済構造の変化のおかげで、2018年に世界最高の実質賃金上昇を享受​​することが期待されていると日経アジアレビューは報告した。

110カ国25,000組織の2,000万人の労働者を調査する人材会社コーン・フェリーの最近の調査によると、ベトナムは2018年に4.6%の賃金上昇を見込んでいる。

ベトナムの給与は、同国の民間債務の増加と不動産市場のバブルの兆候が懸念されているにもかかわらず、個人消費が製造業の輸出とともに成長の原動力として浮上しているため、大きく伸びているとHSBCは述べた。

 

しかし、急激な上昇にも関わらず、ベトナムの労働者の平均賃金は低いままで、必要な日々の出費を満たしていない。

 

一般統計局によると、ベトナムの労働者の平均賃金は、2017年の第4四半期に月間550万ドン(247.7ドル)に達し、2016年同期比で7.8%増加した。

1月には、ベトナムは最低賃金を約6.5%引き上げた。新たな月額最低賃金は、現在276万ドンから398万ドンに及んでいる。

 

IWTUの副局長であるVu Minh Tien氏は、労働者の36%が余裕ある食事のために時間外労働をしていると語った。

「彼らの給料は低すぎる。労働者は家賃を払ったり子供を育てたりするのに十分なお金がないため、食べる余裕をもつために時間外労働をしなければならない」

 

持続可能性基準と社会的責任に関する国際連合ISEALアライアンスが実施した調査では、ホーチミン市で必要な生活費は少なくとも月額640万ドン(290ドル)でカバーすることができることが判明した。しかし、衣類分野の労働者の平均賃金は480万ドンに過ぎない。

 

 

ベトナム商工会議所(VCCI)によると、ベトナムは、2007年以降毎年最低賃金を引き上げており、地元企業や外資系企業はそれぞれ年間平均21.9%と15.2%の賃上げを余儀なくされている。

 

ベトナムの最低賃金が急上昇すると、外資系企業が安い労働コスト市場のために同国を離れる可能性があり、労働者を工場から追い出す可能性があると付け加えた。

 

ベトナム繊維・アパレル協会のTruong Van Cam副会長は、最低賃金を引き上げることは企業の利益を低下させ、競争力を低下させると主張した。

 

「最低賃金が高すぎると、労働者に賃金を支払うことができなくなるため、最低賃金を引き上げることは、特に遠い地域における雇用機会を低下させるだろう」とCam氏は語った。

e.vnexpress.net

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する

Copyright © Poste Co.,Ltd. All rights reserved.