日本人教授が高速道路で迷子、およそ20km歩行か | 社会 | ベトナム生活情報コミュニティサイトPOSTE(ポステ)
Updated 2018年06月13日

日本人教授が高速道路で迷子、およそ20km歩行か

 

74歳の男性はハノイ郊外で迷子となり、夜間に交通警察に発見されるまでに20km近く歩いていたという。

 

 

 

男性が道に迷いハノイ市内のThang Long高速道路を20km近く歩いていたところ、幸運にも夜間のパトロールに来ていた交通警察によって発見された。

 

 

An Ninh Thu Do紙の報道によると、高速道路を彷徨い歩く男性が発見されたのは6月7日の午後8時ころだ。

 

 

交通警察が男性に近づくと、男性は外国人であることが判明した。警察は男性を駅まで連れていき、疲弊しきった足を休ませた。さらに警察は男性に飲み物も与えたという。

 

 

後に男性は、日本人教授の今川直人さんであることが判明した。

 

 

交通警察は「翻訳機を使って日本人教授と会話し、彼がA Chau社というハノイ市内の人材育成会社で働いている人だと分かった」と述べた。

 

交通警察が今川さんの所在地を会社に伝え、その後A Chau社は彼を安全に家まで送り届けたという。

 

 

A Chau社の通訳は「今川さんは家に向かうためにタクシーを探していたが、捕まえることができずにいたうちに迷子になってしまった」と述べた。

 

 

今川さんは「20km近く歩くことになったしまったのはかなり衝撃的だった」と話した。

 

 

ポステのイチオシ!

Copyright © Poste Co.,Ltd. All rights reserved.