11月7日、ハノイで農林水産品を扱うグローバルeコマース(電子商取引)プラットフォームの運営が開始された。

 


「GCAECO」というウェブサイト(https://gcaeco.vn/)では、野菜、果物、精肉、魚、加工品が取り扱われている。


ウェブサイトを通じて、消費者は仲介業者を経由せず生産者から直接商品を購入することができる。「GCAECO」によると、掲載されている商品の価格が安くなるだけでなく、消費者は商品の生産地を調べることができるという。


消費者はスマートフォンで専用のアプリをダウンロードし、必要な物の名前を入力する。商品の生産地や加工場を調べるためにブロックチェーン(複数のシステムで取引履歴を分散管理する技術)の利用もできるという。


サービス開始セレモニーは、 ホーチミン共産青年同盟や産業貿易省農業農村発展部門の代表が参加し開催された。

 

出典:SGGP

 

関連記事