ホーチミン行きのフライトでアメリカ人男性が心臓発作

社会 社会 2018年09月19日


ホーチミン行きのフライトでアメリカ人男性が心臓発作

<ジェットスター・パシフィック航空機(写真提供:ロイター通信)>


15日、タイ発ホーチミン行きのジェットスター・パシフィック航空便でアメリカ人男性が心臓発作を起こした。当時、機内には4人の医師が搭乗しており、また迅速な緊急着陸が行われたことで男性は一命をとりとめたという。
 
 
土曜日、タイ発ホーチミン行きのジェットスター・パシフィック航空便はアメリカ人男性の心臓発作を受け、緊急着陸をした。
 

心臓発作を起こしたアメリカ人男性の年齢などの身元は明かされていないが、機内で胸部の痛みを訴え、呼吸困難に陥ったという。男性は心臓病を抱えていたが、薬を服用していなかったようだ。
 

当時、機内には医師が4人搭乗しており、男性の応急処置にあたった。また、客室乗務員と乗客は男性が応急処置を受けられるよう、より広い座席に移動させたという。
 

機長は航空管制室より許可を得て緊急着陸を行なった。着陸後、男性は直ちに救急車で病院に搬送された。
 

地元メディアによると、現在、男性は小康状態にあり、退院しているそうだ。


航空法では心臓病に関する既往歴や高血圧症を抱える乗客は搭乗前に医師から搭乗許可を得る必要があると定められている。
 

ジェットスター・パシフィック航空は今年5月16日にはダナンーホーチミン線で妊娠中のチェコ人女性を病院に搬送するため、急遽出発地であるダナンに引き返している。

 

出典:VN EXPRESS

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>