ベトナム人のモバイル広告の平均閲覧時間は19秒と、他国の8〜9秒に比べて、大幅に長いことが明らかになった。

 

ゲーム開発業者のAppota社の最新レポートを元にしたVnEconomyの報告によると、ベトナム国民は年齢問わず1日あたり平均40万時間以上ゲームのライブストリームを視聴しており、そのうち61%はモバイル機器からのアクセスだという。

 

GoogleやFacebook、YouTube、HUYA社供するNimoTVなどで配信される目を引くゲーム動画や面白いオンラインコメントなどが影響してベトナム人の広告閲覧時間が長くなっているという。

 

ソーシャルメディアやオンラインエンターテイメントやオンラインゲームにアクセスするベトナム人モバイルインターネットユーザー5100万人のうち、最大3300万人がモバイルゲームを利用しており、その数は2020年までに4400万人に達すると予測されている。

 

特に、ベトナム人がモバイルゲームに費やす平均時間はソーシャルメディアの利用時間よりも長く、日常の娯楽におけるデジタルコンテンツが魅力的だと裏付けられている。

 

 

新しいアプリやゲームを試したいという国民気質に支えられ、ベトナムは現在、世界で最もアプリやゲームのインストール数が多い10カ国のうちの1つだ。その結果、機会と課題の両方が生まれ、開発者側にとってはより斬新なアプリ制作、広告主も同様に新しいキャンペーンに発案に頭を悩ませている。

 

また、レポートは、ベトナム人がモバイル広告を19秒間見ているということから最高レベルの忍耐力を持つ国であることを示している。

 

特に、ベトナム人はアプリやゲームで成果を得るために短いビデオ広告を見ることはいとわない。そのためレポートでは、自社ブランドの広告を最適化し、顧客にリンクさせるよう提案している。

 

モバイル機器の堅調な成長は、ベトナムの広告市場とアプリの安定したプラットフォームによるものだ。 2018年、同国のデジタル広告の収入は6億6300万ドル(約720億円)に達し、そのうちモバイル広告が生み出した収入は62%を超えた。

 

2020年までに、デジタル広告は10億ドル(約1000億円)に成長すると予測されており、そのうち総デジタル広告収入の80%は携帯電話だ。

 

出典:VOV.VN

関連記事