ホーチミンで売春組織運営のロシア人女性、懲役3年に

社会 社会 2019年07月16日


ホーチミンで売春組織運営のロシア人女性、懲役3年に

<2019年7月15日、売春組織に関する裁判へホーチミンで警察に連携されるロシア人、Prokofeva Elena被告の様子(写真提供:VnExpress/Binh Nguyen)>

 

15日、外国人女性含めた売春組織を運営したとしてロシア人女性に3年の懲役刑が言い渡された。


Prokofeva Elena被告(28)は、ホーチミン市裁判所により「売春斡旋」の罪に問われている。昨年1月にホーチミン1区と3区のホテルへの警察が同時立入捜査を行った際に Elena被告の組織が発見された事から逮捕に繋がった。


立入捜査ではウクライナ人2人とロシア人2人がベトナム人の客に対して性的サービスを行っているところが確認された。売春婦らは1時間あたり258ドル(約2万8000円)、5時間で430ドル(約4万6000円)、1日あたり862ドル(約9万3000円)を客に請求していたという。 売春婦と客らの仲介はElena被告が行っていた。


Elena被告は1月23日に逮捕され、取り調べに対して、売春組織を1ヶ月以上にわたり運営していたと供述した。

同被告は、SNSを通して金銭に困っている若い外国人女性に接触し、売春婦として働くためにベトナムに来るように説得し、売春婦を集めていたと語った。

 

公式データによると、ホーチミンでは約3000人が売春婦として働いているとされているが、実際の人数はデータ以上に多い可能性があるという。


ベトナムの刑法では、売春婦には警告と罰金が科せられ、斡旋と売春組織の首謀者は6ヵ月〜5年の禁固刑になる。


売春で有罪判決を受けた外国人が強制送還となる。

出典:VNEXPRESS

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>