衣服を脱いで接客、違法カラオケ店摘発

政治・経済 政治・経済 2020年01月13日


衣服を脱いで接客、違法カラオケ店摘発

<2020年1月11日に警察が立ち入り検査を実施したドンナイ省・カラオケ店の従業員(写真提供:Tuoi Tre)>


警察は、女性従業員が衣服を脱いだ状態で客に接客をしていたドンナイ省のカラオケ店を摘発した。


地元警察によると、Mai Thi Kieu容疑者(59)が所有するドンナイ省・Long Thanh区のY Nganカラオケ店は11日に警察の立ち入り検査を受けたという。


立ち入り検査時、カラオケ店の3部屋に客が入っており、そのうち2部屋では薄明かりの中、女性従業員が衣服を脱いだ状態で歌ったり踊ったりしていたという。


オーナーのKieu容疑者はビジネスライセンスの提示ができず、従業員も雇用契約を提示することができなかったという。


摘発されたカラオケ店で6ヶ月間働いていた従業員は接客する毎に30万ドン(約1500円)のチップを受け取っていたという。


衣服を脱いだ状態で客とダンスを踊った場合には追加で20万ドル(約1000円)が支払われていたという。また、ビール1ケースを相場の5倍となる100万ドン(約5000円)で販売していたと同従業員は続けた。


警察の目を掻い潜るため、同容疑者は警報器と裏口を用意していたという。


警察が立ち入り検査に入った場合には警報を鳴らし、女性従業員は裏口から脱出できるようになっていたという。
 

出典:tuoi tre

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>