ホーチミンの落ち着いた穴場ローカルカフェ「マピネス・コーヒー」

ホーチミンの落ち着いた穴場ローカルカフェ「マピネス・コーヒー」

カフェ天国と言われるベトナム。

ホーチミン市内にも数え切れないほどのカフェがあり、チェーン店からローカルのお店まで、いつも賑わっていますよね。

そんな中、「落ち着いたカフェに行きたい」、「人気店は騒がしすぎる」と思ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そんな方のために作業にも向いている落ち着いたローカルカフェをご紹介します。

落ち着いた雰囲気の「マピネス・コーヒ(Mapiness Coffee)」

今回ご紹介するのは、マピネス・コーヒ(Mapiness Coffee)」という名前のローカルカフェです。

 朝早い8時半〜夜遅く22時まで営業しています。

 

お店は3区にあり、Nguyen Dinh Chieu通りの3番地からヘム(細い道)に入ります。

 

その細い道の突き当たりあるのが「Mapiness Coffee」です。

お店の様子

テラス席

門をくぐるとテラス席があります。

ローカルのカフェに限らずレストランにもありがちですが、椅子とテーブルはかなり低め。

猛暑が続くこの季節、外でお茶するのは厳しそうですが、涼しい日はこちらに座ってみてもいいかもしれません。

店内

こちらは店内の様子。

入り口を入ると右にテーブル席が4席、その向かいに注文カウンターがあります。

コンクリートと木目を基調とし、落ち着いた空間です。

 

テーブル席から見た様子がこちら。

カウンター席も4席あり、こじんまりとしています。

この日は休日の朝10時くらいに行きましたが、作業をしている人がほとんどでした。

メニュー

メニューはコーヒーを中心に、フルーツティーやジュースがあります。

軽食などの食べ物はないようです。

コーヒーを注文

今回は、ダルゴナコーヒー(Dalgona Coffee)とココナッツコーヒー(Ca Phe Dua)をオーダーしました!

価格はそれぞれ4万5000ドンとリーズナブル!

見た目も写真映えしそうな可愛らしさです♪

 

ダルゴナコーヒーはクリーミーながらも濃厚なコーヒーの味が楽しむことができました。

また、ココナッツコーヒーは下にコーヒーがありますが、コップのほとんどをココナッツクリームが占めており、飲み物というよりデザート感覚。

クリームが少し重たく感じたため、この1杯でお腹いっぱいになってしまいました。

まとめ

今回は落ち着いた雰囲気の「Mapiness Coffee」をご紹介しました。

店内にはジャズのようなカフェミュージックが流れており、パソコン作業や勉強をする人が多く見られました。

こじんまりとしているため、混雑しすぎて騒がしいということもなく、落ち着いて過ごすことができると思います。

ぜひ、気になった方は足を運んでみてくださいね。

Mapiness Coffee 詳細情報

 

※この記事に記載されている情報は2021年3月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。



行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板