ホーチミンから2時間のリゾート!メリアホーチャムに宿泊してみた

ホーチミンから2時間のリゾート!メリアホーチャムに宿泊してみた

ベトナム国内で綺麗なビーチがある場所といえば、ダナンやフーコック島、ニャチャンなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

ホーチャムという地域は、ホーチミン市から車で約2時間ほどのところにあるブンタウ(Vung Tau)省に位置するビーチが美しい穴場リゾートなんです!!

そこで今回は、実際に「メリア・ホーチャム(Melia Ho Tram)」とはどのようなホテルなのかをご紹介します!

 

今回の宿泊プラン・宿泊日数:2泊3日
・宿泊人数:大人2名
・客室タイプ:デラックスオーシャンルーム

送迎バス付き!バスでホーチャムへ

なんと、「メリア・ホーチャム」では、ホーチミン市とホテルを往復するシャトルバスを運行しているんです!

ホーチャムへは自分で手配するバンやバスなどでも行くことができますが、無料送迎バスがあるため、交通手段を手配する手間やバス停からの移動などを心配しなくていいので安心です◎

送迎バスは予約が必要なので、利用する場合は事前予約を忘れずに。

カフェでバスを待つ

ホテルを予約すると、バスの時間と待ち合わせ場所が送られてきます。

待ち合わせは2区にあるカフェとのこと。

カフェでゆっくりしながらバスを待つことができます。

バスは途中、トイレ休憩などで停車することがないので気をつけましょう。

バスに乗車

午後2時、カフェで待っているとバスが到着したので、乗車します。
 

足元は広めで窮屈に感じることはありませんでした。

ですが、なかり揺れを感じたので、バス酔いしてしまう方は酔い止めなどを服用した方がいいと思います。

この日は2時30分出発の予定でしたが、早く乗客が揃ったのか、予定より20分ほど早めの出発となりました。

チェックイン

ホーチミンからバスに乗ること約2時間、メリアホテルに到着しました!
バスから降りて、そのままチェックインを済ませます。

デラックス・オーシャンルームに宿泊

受付がある建物と客室がある棟は離れた場所にあるため、バギーで移動します。

こちらが今回宿泊するホテル棟です。

 

棟まで移動し、部屋の扉を開くと...

スタイリッシュな空間が広がっています!

 

ベランダからの景色はこんな感じ。

緑豊かな庭や池、ヴィラの先には美しいビーチが広がっています!!

 

テーブルの上にはウェルカムスイーツとメッセージカードがありました。

左からヨーグルトのようなスイーツ、マカロン、チョコケーキです。

丁寧なメッセージにも心が温まります。

 

また、お部屋にはシンクが付いており、コーヒーや紅茶なども揃っています。
 

こちらはバスルーム。

シャワー、洗面所、トイレがそれぞれ分かれていて広々としています。

夕食はビーチ近くのレストランで

ホテル内に3つのレストランがある「メリアホーチャム」。

夕食はビーチのすぐそばにある「ブリーザ(Breeza)」というレストランがお勧めとのことで、夕食はこちらに即決。

 

まずはパンが運ばれてきました。

それぞれ食感や味が違い、食事前についつい食べ過ぎてしました。

付け合わせはバターではなく、タルタルソースとオリーブでした。

 

こちらはシーフードサラダです。

柔らかいイカとタコ、プリプリのエビがたっぷり!!

レモンの爽やかなドレッシングと相性抜群です。

 

こちらはおすすめのラムシャンク。

ナイフを刺すとほろほろと崩れていくほど柔らかいラム肉は絶品です!!

 

続いてこちらもヘイスモーク・ハーフチキンをオーダー。

パリパリのチキンは脂っこさがなく、食べやすいです!

 

ドリンクは、「Baya De Chispa」というイチゴ、ライム、イチゴシロップ、レモネードのモクテルにしました。

イチゴの甘酸っぱさとレモンのすっきりとした味わいがとても美味しかったです!

 

ビーチ沿いで開放感があり、料理も美味しく大満足の夕食でした。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ストロベリースムージーと合わせて合計125万ドンでした。

【次のページ】
朝食やアクティビティも


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板