ダナン:違法薬物の使用で37人逮捕

ダナン:違法薬物の使用で37人逮捕

<違法薬物の摘発が行われたダナンのカラオケ(写真提供:ダナン警察)>

 

ダナン警察は違法薬物の摘発としてダナンのカラオケに立ち入り検査を実施し、中国人18人と韓国人6人、マレーシア人1人を違法薬物を使用したとして逮捕した。

 

立ち入り検査は5日深夜にダナン・Ngu Hanh Son区にあるカラオケで行われ、47人から違法薬物を使用した疑いが確認された。

 

そのうち37人(ベトナム人12人、外国人25人)から違法薬物の陽性反応が検出されたという。

 

容疑者からはケタミンの陽性が検出された。

 

警察の報告によると、摘発されたカラオケは営業許可を受けていなかったが、客を迎え入れていたという。

 

また、カラオケのオーナーは中国人女性で、客らは来店前にオーナーの女性にソーシャルメディア上で薬物を注文していたことも明らかになった。

 

ダナン警察は最近、薬物取締を強化している。

 

昨年、ダナンでは、オーストラリア人やコロンビア人、マレーシア人、ニュージーランド人、南アフリカ人、イギリス人、アメリカ人など外国人観光客18人が大麻を使用していたとして逮捕された。

 

ベトナムの警察は最近、各地のナイトクラブやカラオケ店での薬物使用に対する取り締まりを強化している。

 

ベトナムでの薬物使用は固く禁じられており、利用者は罰金を科され、リハビリセンターに送られる。危険薬物の製造や売買は死刑判決を受ける可能性がある刑事犯罪だ。

 

ベトナムでは毎年約1600人が危険薬物の過剰摂取で死亡しており、およそ9370万ドル(約101億円)が薬物の購入、4460万ドル(約48億円)がリハビリ施設の運営に充てられている。

 

出典:VnExpress

 

関連記事


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories