ベトジェットが着陸失敗、ホーチミンで滑走路封鎖

2020年06月14日(日)00時00分 公開
ベトジェットが着陸失敗、ホーチミンで滑走路封鎖

6月14日正午ころ、ホーチミン・タンソンニャット国際空港で、ベトジェット航空が着陸時に滑走路から外れる事故が発生した。

それに伴いタンソンニャット国際空港では滑走路が封鎖されている。

 

ベトジェット航空がホーチミンで着陸失敗

事故を起こしたのは、14日午前11時20分頃にフーコック国際空港を出発したVJ322便で、機材はエアバス321型機。

事故発生当時、ホーチミンでは大雨が降っており、同機は着陸時に滑走路から外れたという。

報道によると、乗客乗員に死傷者は出ていない。

 

ベトジェットがホーチミンで着陸失敗

<ダナン発ホーチミン行きのジェットスター航空はダナンに引き返しを行った。>

14日14時30分現在、タンソンニャット国際空港の滑走路は封鎖されており、着陸予定だったその他の便はダナン国際空港などへの目的地変更や出発空港への引き返しを行っている。

 

ベトジェットがホーチミンで着陸失敗し、混雑する空港

また、タンソンニャット国際空港の国内線ターミナルでは全ての便が出発できず、混雑状態が続いている。

ベトジェット航空は過去にも、立て続けに事故を起こしており、その安全性が問題視されている。

2018年には航空当局が重大な懸念を表明しており、特別監視対象となっていた。

 

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板