ビングループ、フーコックに「眠らない街」開業へ 国内最大リゾート

2021年03月18日(木)14時06分 公開
ビングループ、フーコックに「眠らない街」開業へ 国内最大リゾート

<写真:Thanh Nien>

 

ベトナムのコングロマリット(複合企業)であるビングループは、人気リゾート地・フーコック島で新しいリゾート「フーコック・ユナイテッド・センター」を4月21日に開業することを発表した。

同リゾートは、フーコック島北部に1000ヘクタール以上の広さを誇る「眠らない街」をコンセプトとする24時間営業のオールインワンリゾートだ。

 

投資総額は66兆ドン(約3118億円)。

同リゾートにはビンパールやビンオアシス、ビンホリデーなどの5つ星ホテルが併設され、そう客室数は計1万室にものぼる。
 

他にも、ベトナム国内最大のテーマパーク「ビンワンダーズ・フーコック」に加え、サファリパーク型動植物園「ビンパール・サファリ・フーコック」、18ホールのゴルフ場「ビンパールゴルフコース」、ショッピング・エンターテイメント施設、医療施設「ビンメック・フーコック国際総合病院」、教育施設「ビンスクール」などが併設される。

さらには、国内で唯一ベトナム国民の入場が許可されているカジノ「コロナリゾート&カジノ」も併設。

 

同リゾートについて、ビングループは大規模かつ世界レベルのエンターテインメント施設だとしており、フーコックが「眠らない街」となり、夜間経済事業の基礎になると期待を示している。
 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板