バンブー航空のチケット過剰販売、ベトナム民間航空局が警告

2021年04月08日(木)15時49分 公開
バンブー航空のチケット過剰販売、ベトナム民間航空局が警告

<写真:VN Express>

ベトナム民間航空局(CAAV)は、多数の乗客からフライトの欠航や遅延について苦情が殺到しているとして、バンブー航空に対して誤ったフライトの航空券を販売をしないよう警告したという。

VNエクスプレス(電子版)が報じた。
 

各航空会社にはフライト発着枠が割り当てられており、特定の時間に空港から離陸または着陸できるようになっている。

しかし、ベトナム民間航空局によると、バンブー航空は同航空に割り当てられていない時間に離陸または着陸する便の航空券を販売していたという。

最近、特にバンブー航空が運航するハノイ〜ダナン線でフライトの欠航や遅延が相次いでいることから、乗客から苦情が出ていた。
 

3月4日、バンブー航空は運航スケジュールの変更について謝罪文を発表したものの、時間の変更についてはノイバイ国際空港での整備作業を理由としていた。

しかし、ノイバイ国際空港の代表者によると、同空港における整備作業はバンブー航空が謝罪文を発表する前に終了しており、運航には影響がないとしている。

 

ベトナム民間航空局は、バンブー航空に対し、警告を無視して誤った発着枠のチケットを販売した場合、今後6か月間新たな発着枠を与えることを禁止するとした。

1月のテト(旧正月)には、バンブー航空をはじめベトジェット航空、ベトナム航空が誤った発着枠のチケットを販売し、警告を受けていた。
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板