バンブー航空がハノイで緊急着陸、バードストライクで

2021年04月01日(木)18時58分 公開
バンブー航空がハノイで緊急着陸、バードストライクで

<写真:3月31日にバードストライクにより緊急着陸した飛行機と同型機>

 

3月31日、ハイフォン発コンダオ行きのバンブー航空(QH)1055便がハノイ・ノイバイ国際空港に緊急着陸した。

上空でエンジン内に鳥が入り込む「バードストライク」に見舞われた。

 

同便に使用されていた機体はエンブラエルE195型機。

バンブー航空が主にコンダオ線に投入している機材だ。

 

ハノイでバンブー航空が緊急着陸

<写真:緊急着陸したQH1055便の航路>

 

同便はハイフォン・カットビ国際空港を離陸した後、13時44分に、バードストライクによるものだと思われるエンジンのトラブルが発生し、ノイバイ国際空港の管制官に対して緊急事態を宣言した。

乗員・乗客195人を乗せた同便は14時05分にノイバイ国際空港に無事着陸。

 

着陸後、機体の調査を行ったところ、左翼のエンジンに鳥との衝突でできたと思われるへこみや鳥の羽や血液などの痕跡が確認された。

このことから、同便のエンジンのトラブルの原因はバードストライクによるものだと断定されている。

 

ノイバイ国際空港は関係当局と協力し、同便の航路や滑走路を確認したものの、衝突したと思われる鳥の死骸やその他の落下物は確認できていないという。

 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板