ホーチミンで新たに11人の擬陽性者:宗教団体のクラスター関連

2021年05月27日(木)17時30分 公開
ホーチミンで新たに11人の擬陽性者:宗教団体のクラスター関連

5月27日午後、ホーチミン市疾病管理センターは新たに11人の擬陽性者を確認したと発表した。

11人は全員、キリスト教福音団体の「リバイバル・エクレシア・ミッション(Revival Ekklesia Mission)」で確認されているクラスターに関連した症例。

これにより、同宗教団体に関連して確認された擬陽性者は36人となった。

 

36人のうち、29人は同宗教団体のメンバーで、7人はその濃厚接触者だ。

濃厚接触者で擬陽性と確認された7人のうち4人は、フーニャン区のオフィスビル内で確認されたという。

 

36人のうち、何らかの症状が確認されているのは19人で、約53%。他は無症状だとみられる。

 

すでに同宗教団体に関わる38人のうち、29人が擬陽性として確認された。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板