ホーチミン:宗教団体での擬陽性者は陽性と確定 27日夜発表

2021年05月28日(金)10時50分 公開
ホーチミン:宗教団体での擬陽性者は陽性と確定 27日夜発表

ホーチミンでキリスト教福音団体の「リバイバル・エクレシア・ミッション(Revival Ekklesia Mission)」で確認された擬陽性者について、27日に確認された擬陽性者36人全員が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

これにより、36人は擬陽性者ではなく感染者として確定した。

 

このほか、28日にこの団体に関連して新たに8人が擬陽性者として確認された。

この団体に関連した感染者・擬陽性者数の合計は44人となった。

 

ホーチミン市保健局のNguyen Tan Binh局長は、この団体で発生している感染は、F1(感染者との接触者)の人の大部分が陽性と確認されていることから、感染サイクルがすでに2回程度進んでいるのではないかと指摘していた。

 

27日夜、ベトナム国内では、ハノイ市で7人、ダナン市で1人、バクニン省22人、バクザン省で84人、海外からの入国者2人から新型コロナウイルスへの感染が確認されている。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板