日本、ベトナムにワクチン無償提供へ アストラゼネカ200万回分

2021年06月05日(土)10時23分 公開
日本、ベトナムにワクチン無償提供へ アストラゼネカ200万回分

<写真:国会議事堂>

 

日本政府は、ベトナムに対してアストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン200万回分を無償提供する方針を固めた。

台湾へのワクチンの無償提供に続く第2弾で、7月上旬にもベトナムに到着する見通し。

 

日本からの援助のほか、ベトナムは年内にも複数の製造元から合計1億2000万回分のワクチンを受け取ることを明らかにしている。

保健省は今年末までに人口の70%にあたるワクチン1億5000万回分の確保を目指していると発表しており、ワクチンの供給源を探すだけでなく、国内での生産も目指すとしている。

これについて、保健省傘下の第1ワクチン生薬製造会社(VABIOTECH)は、7月からベトナムで月にスプートニクV500万回分の生産を開始する方針だと明かしている。

Truong Quoc Cuong副大臣は3日、ベトナムは新型コロナウイルスのワクチン計1億7000万回分を確保したと明かしたが、残りの5000万回分の供給源は明らかになっていない。

 

4日には、中国国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発した新型コロナウイルスワクチンの国内での緊急使用を承認したと発表した。

 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板