在越フランス大使館、自国民を対象としたワクチン接種開始へ

2021年07月16日(金)10時13分 公開
在越フランス大使館、自国民を対象としたワクチン接種開始へ

<写真:VN Express>

 

在ベトナム フランス大使館は、ベトナム当局からこのプログラムの同意を得て、ベトナム在住のフランス人を対象に、新型コロナウイルスワクチンの無料接種プログラムを開始することを発表した。

このプログラムでは、フランス政府が支給したモデルナ製ワクチンが使用される方針。

 

このプログラムで接種対象となるのは、18歳以上のフランス国民とその配偶者(婚姻関係または事実婚)、フランス外交機関のスタッフとその配偶者。

ワクチン接種の費用はフランス政府が負担するため、無料で接種することができ、数週間の間隔を空けて2回の接種を行う。

 

ハノイでは、7月22日〜29日までハノイ・フレンチ・ホスピタルで1回目のワクチン接種が行われる。

予約期間は15日〜21日までで、フランス大使館のウェブサイトからワクチン接種の予約ができるという。

 

ホーチミン市では、7月27日から約2週間に渡りFV病院で1回目のワクチン接種が行われる。

ワクチン接種の予約は15日から開始しており、フランス領事館のウェブサイトから予約を受け付けている。

 

2回目のワクチン接種については、ホーチミン市、ハノイ共に約1ヶ月後に行われるという。

 

フランス大使館、領事館にはワクチン接種プログラムについての質問に対応するためのメールアドレスが設定されており、このプログラムについての噂や未確認情報に注意するよう呼びかけている。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板