エレベーターで唾吐きマスクをポイ捨て、男性に罰金400万ドン

2021年07月29日(木)17時35分 公開
エレベーターで唾吐きマスクをポイ捨て、男性に罰金400万ドン

<写真:tuoi tre>

 

ハノイ市内のアパートにあるエレベーター内で、男性が唾を吐いて着用していたマスクをポイ捨てする姿を監視カメラが捉えた。

男性には罰金が科されたという。

28日、カウザイ区Yen Hoa坊の人民委員会は、トゥオイチェー (Tuoi Tre)に対し、この男性に400万ドン(約2万円)の罰金を科したことを明らかにした。

 

この男性に対しては公共の場でマスクを着用しなかったこと、使用済みのマスクを適切に処分しなかったことで罰金が課せられたという。

また、男性からは新型コロナウイルスの検査のため検体が採取された。

同人民委員会によると、この男性から陽性判定が確認された場合には、刑事処分を検討することがあるという。

 

監視カメラが捉えた映像には、この事件の一部始終が捉えられていた。

男性は、マスクを持って他の男性2人とエレベーターに乗車。

 

マスクで口を覆わずに床に繰り返し唾を吐き、降車の際にはエレベーター内に設置されていた消毒液のボトルにマスクをかけて出て行った。

これに気づいたアパートのマネジメントが警察に証拠映像と共に通報したという。
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板