ダナン、グリーンゾーンで社会隔離一部緩和も厳しい制限続く

2021年09月16日(木)13時14分 公開
ダナン、グリーンゾーンで社会隔離一部緩和も厳しい制限続く

<写真:Zing>

 

9月14日午後、新型コロナウイルス予防管理委員会運営委員会の会議で、ダナン市人民委員会のLe Trung Chinh委員長はグハンソン(Ngu Hanh Son)区が市内における最初のグリーンゾーンになったことを発表した。

Le Trung Chinh委員長によると、同区では、過去14日間、新たな感染者が確認されておらず、ダナン市での感染拡大防止対策が良好な結果を示しているとした。

 

14日の時点で、市内56地区のうち、28地区がグリーンゾーンとなっており、さらに、他の地域もグリーンゾーンに指定されるために、感染防止対策に取り組んでいるという。

 

ダナン市人民委員会の代表者は保健局に対して、18歳以上の人を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるよう要請している。

接種会場では5Kを遵守し、人との距離を2メートル以上確保する必要がある。

 

ダナン市では16日午前8時以降も首相指示第16号に基づく社会隔離より厳しい第16号+に基づいた社会的隔離措置を継続する一方、「イエローゾーン」と「グリーンゾーン」での制限は一部緩和した。

グリーンゾーンに居住している住民については、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、伝統的な市場、食品販売店、生活必需品の販売店などへの外出が認められることとなる。

外出は各家庭の代表者に限定され、外出頻度は3日間に1回とされており、外出許可が必要となる。

 

さらに、グリーンゾーンの住民はその範囲内で、屋外での運動が午前5時〜午前7時と午後5時〜午後7時まで認められることとなる。

レストラン、飲食店の営業についてはテイクアウトの販売と、オンラインでの販売を通じたデリバリーが可能となる。

 

イエローゾーンに居住している住民については食品販売店、生活必需品の販売店などへの外出が認められることとなる。

外出は各家庭の代表者に限定され、外出頻度は5日間1回で、外出許可が必要となる。

 

ガス、電気、水道、ガソリン、コンピューター、書籍や学用品、建設用品、農業用品、外食産業に関連する店舗の営業については、全ての感染防止対策を遵守した上で、全従業員の50%の規模での労働が認められる。

バイクや車の整備・修理に関連する店舗の営業については全員が労働できるという。

 

同市の政府機関では職員の70%が通勤が許可され、全員がワクチンの2回目の接種を完了した場合は100%の人数の勤務が可能になるという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板