ビンズオン省への海外直接投資、昨年比4倍に増加

2022年05月05日(木)15時42分 公開
ビンズオン省への海外直接投資、昨年比4倍に増加

〈写真:Vietnamplus〉

 

ベトナム南部ビンズオン省に流入した海外直接投資(FDI)は、今年1〜4月で18億ドル(約2328億3630万円)に迫り、2021年の4倍となった。

 

現在までに、同省の工業団地には3014件の有効なプロジェクトがあり、そのうち、2340件のFDIプロジェクトは約280億ドル(約3兆6219億円)に相当し、主に生産部門へ振り分けられている。

 

投資家の中では、電子部品の製造を専門とする日東電工ベトナムが、集積回路製品の製造・加工を行うために9900万ドル(約128億600万円)の増資を行った。

 

一方、ソンタン3工業団地にあるAccasette Garment Company Limitedは、ファッションとスポーツ衣料の生産と輸出を促進するために、1400万ドル(約18億1095万円)の増資を行った。

 

ビンズオン工業団地管理局のグエン・タイン・ニャン副局長によると、この結果は、ビジネスと生産活動が正常に戻ったことを示し、国内外の企業が商品生産と輸出へ資本を投入するための好条件を作り出したためである。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板