タンソンニャット国際空港、3〜6階へのグラブ等の乗り入れ禁止へ

2022年08月02日(火)12時51分 公開
タンソンニャット国際空港、3〜6階へのグラブ等の乗り入れ禁止へ

〈写真:VnExpress〉

 

ホーチミン市のタンソンニャット国際空港の駐車場会社は、交通管理を改善するために3階〜6階までのライドヘイリングカー(配車サービスの車両)の乗り入れを禁止した。

 

同空港の駐車場を担当するTCP JSCの発表によると、ライドヘイリングカーは低層階に駐車しなければならない。

 

今回発表された高層階へのライドヘイリングカー駐車禁止は、レ・アイン・トゥアン交通運輸省副大臣による「空港の交通渋滞や混乱をよりよく処理する」ための要請を受けたものである。

 

グラブなどのライドヘイリングサービスの車は1階D1レーンにしか駐車が許可されておらず、特にビーは空港の国際線ターミナルから100mほど離れた場所にしか駐車が許可されていない。

 

ライドヘイリングカーの駐車を低層階のみに規制することにより、管理が容易になるとともに自然発生的な価格高騰などを防ぐことができるという。

 

2020年後半から同空港国内線ターミナル前の4車線は、特定の車線は目的を指定された車両しか入れないように調整されており、ライドヘイリングカーはTCPパーキングステーションの3〜5階で顧客を迎える必要があった。

 

今年の旧正月連休後には国内線乗客の流入が急増したため、同空港は低層階のD1レーンを開放し、ライドヘイリングカーの進入を可能にしていた。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板