ハノイ警察、野生動物入りの酒100瓶を押収

2022年09月15日(木)09時16分 公開
ハノイ警察、野生動物入りの酒100瓶を押収

<写真:VN Express>

 

ハノイ市で違法に販売されていたニシキヘビや大トカゲ、コブラ、シカを蒸留した米酒約100瓶が押収された。

 

押収された酒は同市ハドン区ラケ(La Khe)街区にあるアパート2箇所で売りに出されており、販売者は商品の出所を証明する法的書類を所持していなかった。

 

販売者のうちの1人であるブー・クアン・ヒエンさんは「これらは単なる工芸品であり、この件に関してはあまり深刻に考えない方がいい」と話している。

 

ヒエンさんは押収された酒を1瓶35万ドン〜300万ドン(約2120〜1万8160円)程度で販売していた。

 

もう1人の販売者であるダオ・クアン・マインさんは「酒に漬けられている動物は流通業者が自ら飼育したもので、製品は関節や筋肉の痛みといった健康問題を治療することを目的としていると聞いた」と話している。

 

マインさんは押収された酒が流通業者から合法だと聞かされており、販売許可があるかどうかは解らないという。

 

ハノイ市環境警察課のグエン・タイン・チュン中佐は「押収された米酒製造のために殺された野生動物が非常に多く、本件に関してはハノイ市場管理局やレンジャー当局と協力しなければならないだろう」と述べている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板