ベトナム、IT人材の採用需要高まる

2022年09月19日(月)13時32分 公開
ベトナム、IT人材の採用需要高まる

<写真:VN Express>

 

ベトナムのハイテク部門が投資の増加で活況を呈しており、ベトナムでは今年に入って前年比36.2%増の情報技術スタッフ17万5370人が採用されたことが明らかになった。

 

人材紹介プラットフォーム「TopDev」が発表した『ベトナムIT市場報告書2022』によると、ITスタッフの採用需要は2023年までに22万9000人、2024年までに29万人を超えると予測されている。

 

調査対象となった雇用者2500社の半数以上(55%)が、以前より多くのデベロッパーを採用していると回答した。

 

また、10社中6社(64%)が今年より多くの雇用を行い、ITチームを拡大する予定であると回答している。

 

TopDevによると、ベトナムのハイテク業界では採用需要の高さと適任者不足によって求人枠が充足するまでに平均51日と長い時間を要する。

 

需要が高まっている理由の1つとして、他国のIT企業がベトナムに注目しており、製品開発チームの雇用や構築のために採用市場に参入していることが挙げられる。

 

また、技術系スタートアップへ多額の投資が行われてテクノロジー分野のスタートアップの波が強くなり、観光や農業、不動産といった伝統的なビジネスもデジタル変換や電子商取引に移行している。

 

新卒者のITスタッフ月収は331ドル(約4万7000円)〜であるが、5年後に管理職に昇格すれば給与は4倍の1410ドル(約20万2000円)となる。

 

ハイテク分野の最高職の1つである最高技術責任者の月収は約5900ドル(約84万6000円)に上る。

 

人材採用で上位の業界はNFTまたはブロックチェーン、ハイテク(人工知能)、フィンテックである。

 

他の人材紹介プラットフォームもIT人材に対するニーズの高まりを認めており、Adeccoのハー・グエン代表によると、ベトナムのデジタル変革がIT志願者に多くの雇用機会を提供している。

 

しかし、ITスタッフ市場の需要と供給があっておらず、多くの企業が魅力的な給与や福利厚生を提供しても高いスキルを持つ候補者を採用することが困難な状況となっている。

 

人材紹介会社のNavigosは第2四半期の報告書で、ロシア・ウクライナ危機によって多くのIT受注がベトナムにシフトし、採用需要が高まっていることを明らかにした。

 

同報告書によると、銀行や金融の他、電子商取引、医療サービス、教育などの分野でIT候補者が大きく不足している。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板