建設現場での少年転落死、TikTokerがネタ動画を投稿し炎上

2023年01月09日(月)13時03分 公開
建設現場での少年転落死、TikTokerがネタ動画を投稿し炎上

<写真:VnExpress>

 

12月31日に10歳の少年が建設現場の穴に転落して死亡した事故に関連して、あるTikTokerが少年が転落したものと同様のコンクリート柱に子供を潜り込ませる動画を投稿し、多くのネットユーザーの怒りを買っている。

 

公開された動画では子ども3人に幅25cmほどのコンクリート柱に頭を入れさせており、2本目に公開された動画では子どもたちに幅35cmの柱を通り抜けさせる内容であった。

 

このTikTokerは子どもたちが柱に入れるように応援し、全身を柱に入れたこどもには「ご褒美」としてポテトチップス2袋をあげていた。

 

動画の最後でTikTokerは「転落の危険性を知ってもらうために動画を作成した、行動を一切真似しないでほしい」と主張している。

 

TikTokに動画が公開されると瞬く間に拡散され、他の多くのソーシャルメディアでも再共有された。

 

多くの人がコメント欄で「再生回数を稼ぐためだけに悲痛な事件をネタにしたコンテンツを作ることは容認できない」と不満をあらわにし、「子どもたちを危険にさらしている」と非難した。

 

また、「法執行機関はこのTikTokerを調査・告発すべきである」「子どもたちの安全を脅かすだけではなく、道徳的価値観に反している」といったコメントが寄せられている。

 

この動画は12月31日にドンタップ省で発生した事故が元になっている。10歳の少年が建設現場で深さ35mの中空になったコンクリート柱内部に転落し、100時間に及ぶ救助活動が行われたが1月4日に死亡と結論付けられていた。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2023 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板