ダクラクとダクノン、生徒数千人の学び場確保が不可

2024年07月09日(火)07時00分 公開
ダクラクとダクノン、生徒数千人の学び場確保が不可

<写真:tuoitre-vn>

 

ダクノン省教育訓練局のファン・タイン・ハイ局長は5日、地域の生徒のために10年生への入学枠を拡大する研究を進めていることを明らかにした。

 

ハイ氏によると、現時点で省内の10年生合格者リストは確定していないが、進路指導の規定や施設、教員の条件に基づくと約1000人の生徒が学び場を確保できていないという。

 

この問題は同省第12回第16回省委員会会議の討論会で取り上げられた。

 

ある代表者は討論会で、多くの親が中学校を卒業した子供が学び場を確保できるかどうか心配していることを指摘した。これは、高等学校が既に定員に達しているためである。

 

同省の多くの地方では条件が厳しく、辺鄙な地域では職業学校への通学が容易ではない。しかし、10年生の入学についての進路指導規定では、70〜80%が高等学校に進学し、20〜30%が職業訓練に進むことになっている。

 

もし全員が10年生に進学すると、教室や教員が不足することになる。2024〜2025学年度では、同省高等学校の入学定員は合計2万5052人で、そのうち10年生は8997人となっている。

 

ハイ氏は10年生の約1000人が学び場を確保できない主な原因について、生徒数の増加に対して教員数が減少し、施設も不足していると説明した。

 

年間の生徒数は増加しているが、各クラスの定員は40人を超えないようにする必要があるため、進路指導が行われている。

 

同省では中学校を卒業した生徒が高等学校に進学しない場合、進路はコミュニティカレッジに限定されているが、この学校には教員がいない。また、辺鄙な地域では特定の教科の教員を採用することができず、教員不足が深刻化している。

 

また、ダクラク省では2024年の中学校卒業生が約3万2000人で、過去数年に比べて多い。教育部門は、公立高等学校の入学定員を2万1000人以上とし、試験と選考の形で採用することを決定した。

 

非公立高等学校の定員は約2000人、職業教育と継続教育センターは約3600人、中等・高等専門学校は約3000人となっている。

 

同省教育訓練局のファム・ダン・コア局長によると、現時点では1925人の中学校卒業生が学び場を確保できていない。

 

同省は規定に従って進路指導を実施しなければならないが、施設条件が整っておらず、多くの地方が辺鄙な地域にあるため、10年生の入学定員を拡大することを検討している。

 

さらに、補充生徒の募集を進め、教員支援のための資金配分を同省議会に提案する計画を立てているという。

 

これらの1000人の生徒全員を公立高等学校に受け入れることはできず、職業教育センターや職業学校に進学することになる。しかし、親は子供を公立高等学校に進学させたいと考えている。

 

一方、ダクラク省教育訓練局は、全県の公立高等学校の各クラスの生徒数を平均44人に引き上げるように提案している。これにより、クラス数を増やさずに約1100人の定員を確保することが可能となる。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板